プロフィール
Advance Business Support Pte Ltd
Advance Business Support Pte Ltd
大曽根貴子

2012年にAdvance Business Support Pte. Ltd.を設立し、経営管理・会計の側面から日系企業の東南アジア進出をサポートしています。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人

2012年11月24日

商品ラベルについて

ここ数日、商品ラベルについて考えています。

日本で作った製品をシンガポールに輸出する場合、製品の品目によっては、英語表記で商品説明を記載しなければいけない場合があります。
海外仕様のラベルを作る、というのはコストアップとなるので、中小企業の製品は、簡単なシールを貼って済ませている場合が多いのが現状です。

このラベルについて、現地の人と話をしたとき、

・あまりにも簡単なラベルだと、顧客として軽視されている気がする
・よくわからない英語の説明をみると、日本製と書いてあっても「実は中国製品?」と疑ってしまう

という意見が挙がりました。

確かに私だって、何が書いてあるかわからない商品を手に取るのは躊躇するし、微妙な日本が書いてある製品は笑いのネタにすることはあっても購入することはありません。

ちなみに写真は、マレーシア産のインスタントコーヒーのパッケージです。




ご覧のとおり、マレー語、英語そして中国語の3ヶ国語表示です。
輸出することを考えて製造しているので、最初から多国語でパッケージに印刷しています。

海外で販売するつもりなら、このように最初からターゲット国の規制と言語に対応してパッケージをつくることも検討したらよいのかもしれません。  

Posted by Advance Business Support Pte Ltd at 01:52Comments(54)マーケティング
POWERD BY DREAMGATE PROJECT. ~起業・会社設立ならドリームゲート